影付けの色選びについて

  • 2017.07.21 Friday
  • 17:19

 

 

 

 

今日は自分が影付けをする際の色の扱い方について

イラスト講座を書いてみたいと思います。

あまり需要なさそうなピンポイントすぎる講座ですが(汗)

ご興味ある方は続きからどうぞ。

(画像はクリックで拡大します)

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

図 [体をつくる

 

今回の例では乗算レイヤでおおまかな陰影をつけていますが、

要は基本色に対して濃色一色で立体を作っていくイメージです。

乗算レイヤで立体を作るメリットは特に何も考えなくても素早く

確実に仕上がる所。

デメリットはグレーを加算して陰影表現してるので、画面全体が

くすんだり、色相の変化が単調で奥行きが出しづらい所。

なので、塗りながら適宜色を足して色相の幅を広げていきます。

 

出したいテイストによっては最初から混色した状態で彩色していく事もあり、

そっちのほうが色彩が奥深くなりますが、仕上がりの予測がつかない

&失敗した際のリカバリーに多くの時間を割いてしまう事があり、

自分にはまだ難しい方法です。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

図◆〆姪戮反Я蠅諒儔

 

物体表面に出てくる色あいと、影色は常に違う!

影色は物体自身のテクスチャ(光の反射率)と周囲からの反射光に

大きな影響を受けので、そこを表現すると存在感が増します。

絵にリアリティを出したい場合は別ですが、(それこそ欲しいライティングの

写真資料が必要になると思います)深く考えず少し彩度や色相を

変化させて塗るだけでも充分にそれらしく見えます。

 

例では、赤みの強い影を纏わせて、そのキャラクターの肌の地色を強調しています。

エアブラシ等ではなくある程度毛足の長く筆致が残るブラシで

色の境目を馴染ませたほうが自然な仕上がりになります。

フラットに色が乗るブラシだとせっかく選んだ色が

均一に混ざってしまい、くすみます。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

図 色幅を広げる影色の取り方

 

ハイライト、ベース、薄影、濃影を選ぶ際に色相環

(カラーパレットの三角の外側にある丸いゲージ)を少しづつ下、

もしくは上へずらしています。

基本的に、色相を大きくずらしながら塗るほどファンタジーな

イメージになります。

 

 

↓例えば、このイラストでは、背景の般若の絵を色相を少しずつ

ずらしながら塗っています。

キャラクター部分は往往にして装飾が多くなりがちで色幅が

広げづらいので、背景、エフェクト、マント的なパーツで色相の変化を

演出するのが現実的なのかなと思います。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

図ぁヾ憤彭なカラーチップの作成方法

(図2蔀福

 

色相を変化させながら色を選ぶのが面倒くさい場合は

基本色に

乗算レイヤで任意の明度変化、

通常レイヤーで任意の色相変化、

を重ねて、スポイトで色を抜いて塗るだけ。

かなりインスタントなやり方ですが、適当にカラーサークルから

選んで塗るよりも自然な仕上がりになります。

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 


今回はこんなところかな。

最後までご覧いただき有難うございました!

 

  • 0
    • -
    • -
    • -

    selected entries

    archives

    profile

    search this site.

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM